女子大生マミちゃんとのお食事デート

女子大生マミちゃんとのお食事デート体験談

今回は可愛らしい女子大生マミちゃんと
お食事をしてきましたのでご報告いたします。

今回の出会い対象:マミちゃんデータ

日時:7月1日19:00頃

お名前:マミ(仮名)

年齢:21

職業:女子大生

おっぱい:不明

外出内容:お食事デート

費用:食事代5000円、店舗代5000円、その他5000円

久しぶりに出会いカフェへ

今日はかなり久しぶりに出会いカフェ。
恥ずかしい話、給料が下がっちゃって遊ぶ金が心配なんですよ。
税金高いし生活が出来るか?不安。

だけど給料が出て確認したら少しは遊べるのがわかったので、いざ出陣。
以前よりもセックスで出るのは控えると思うけどね。

金曜日だから仕事帰り。結構適当なワイシャツでダラけた格好なので、
女性受けが心配だけど外出する気はあまりないからいいか。

出会いカフェにイン。いざ戦場へ。

2週間ぶりかな?出会いカフェに入ったのは。
男の戦場とも言える男性ルームに入ると時間は18:20分。
仕事帰りでは最速に近い時間です(笑)

入ってみると男性は25人くらいかな。
金曜日の夜だし、月のアタマでもあるので沢山いますね。

競争が激しそうなのとあまり予算も無いので今日はヒマ潰しのつもりで待機。
女性が入ってくるたびにチェックはするけど抽選には不参加。
まぁちょっと様子見ですね。

しかしそんな空気を吹き飛ばす女性が一人。
色白フェミニン系、21才女子大生、美顔という色々揃ったプロフィールで、
明らかにお食事女性なんですけど、逆にお食事くらいの軽い方がいいな、
と自分に言い聞かせる形で、ガマンできずにトーク抽選。

推定12~3人は参加でしょうか。人込みに揉まれながら、
「どうせ勝てないだろ」と思いながら、カードを引きます。
引いたカードは「Q」これには自分でビックリ。強い!

普通「K」の人が居るんで2番目かな?と思ったらなんと1番目。
更に2度ビックリ。話す気の薄いときのほうが抽選に勝てるんですねぇ。

さぁトークだ。どんな感じかな?

1番目なんで当然ですが、真っ先にトークルームへ。
トークルームについて一息つく暇もなく、すぐに彼女が来ます。

「こんにちは~」
彼女が声を掛けながら入室。座り位置は普通。
「こんにちは」
僕も言葉を返しつつ、もうひと押し。
「よろしくお願いします」

とりあえず彼女は大学の3回生。どうやら販売系の職業を目指しているようで、
今は販売のバイトをしているらしい。夏休みはインターンで経験を積むそうだ。

今日は友達と待ち合わせをしているのだが友達が遅れているらしく、
時間が空いた、とのこと。まぁ女性同士だと良くあることだよね。

僕自身彼女は初めて見たのだけど、出会いカフェを覚えたのは2年前らしい。
そこからちょくちょく来ている、とのこと。
僕も結構来てましたが全然見ませんでしたね。珍しいのかもしれません。

一通り話が落ち着いたところで、僕が聞く。
「今日はどんな感じですか?」
彼女が答える。
「いつも通り、食事とかカラオケとかお酒とかで・・・・」

ハイ、決定です。この流れは確実にエロにはなりません。
後はこのコとゴハンを食べたいか?話して楽しそうか?を検討。

今の僕はセックスの気分じゃないし、女子大生と話して得るものもあるはず、ということで、外出決定。お寿司屋さんに行くことにしました。

さてお寿司屋さんへ。お食事です。

店の下で待ち合わせて歌舞伎町の寿司まみれへ。
それなりに食べようとすると結構な値段しますけどね。
女性が食べたいものを食べるのが下心満載の男のすることです。

カウンターに座り注文。サーモンが好き、中トロが好き、と色々聞き出しながら、
自分の好きなものも合わせて頼みます。
煮アナゴ、カンパチ、えんがわ、マグロ、ウニあたり。

中に牛の炙りががあって彼女が食いつきます。
食べたこと無いらしいので注文。薬味は山わさび。
「飲み物はお茶でいい」とのことで控えめ。あまりお金を使わなくて良さそうです。

最初はかなりぎこちない会話だったのですが、少しづつ慣れて来て、
色んな話をします。こういうときはあまりいいことばかり言っても仕方ないので、
僕は自分らしく嘘のない話をします。

嫁もいるし、子供もいるし、女の子も好き。
過去は別に立派なものでもないし、今も苦労してる。そういう話を包み隠さず。
まぁ女性側に判断してもらえばそれでいいからね。
嫌われるなら連絡が来なくなるでしょう。

そうしていると少しづつ彼女のことも話してくれます。
西東京の遠いところに住んでいる事。
友達と良く出会いカフェに来ること。
妹さんとのこと。友達とのこと。

今やっているバイトのこと。就活への不安。インターンのこと。
そういったことを色々と話して、僕なりにアドバイスも交えながら本音で話します。
そうすると少しづつ彼女の態度も柔らかくなってきて、
楽し気な雰囲気になってくれました。

二人で色々と話して楽しかったし、彼女もすぐに帰ろうとはしなかったのですが、
ある程度落ち着いたところで撤退することにします。

話しててこのコは意志が固そうだからセックスは無いなぁと思ったし、
次を探したい想いもあったので。

連絡先を交換し、後で口説くことにしてお開きにしました。
ここから発展する可能性は5%くらいですけどね・・・経験上。
特に僕みたいなオジサンだから低いのかもしれないですけど。
とにかく次に賭けます(笑)

後日談、セックストライに失敗(笑)

後日談ですが、翌日彼女にLINEを送ります。
「エロ出来る可能性ある?」みたいな内容です。

結果・・・・「多分ムリ」(笑)

かなり文章は要約してますが、「多分」というところからして、難しそうです(笑)
このあたりがオジサンの難しいところですが、まぁ頑張ってれば・・・いいことあるかな?

今回はまぁやる気のない中での外出だったのですが、
単なるお食事デートとなり次にも繋がりませんでした。

しかし出会いカフェではこういうことを恐れずにどんどんチャレンジすることが、
チャンスを掴むことに繋がります。
出会いか人と人との相性ですからね。

皆さんも良い出会いライフのために是非積極的にチャレンジしてください。
それではまた。