24才OL真奈美さんとの出会い体験談

24才OL真奈美さんとの出会い体験談

今回は24才のOL真奈美さんとの出会い体験談です。上品な感じのお嬢さんだけど芯がある、という印象のコで最初は近寄りがたいものがありましたが、話してみるとかなり優しくて奥さんにしたい感じの女性でした。

今回の出会い対象:真奈美さんデータ

出会い日時
1月30日19:40頃
女性の名前
真奈美(仮名)
年齢
24
職業
OL
おっぱい
Bカップくらい
外出内容
大人系
費用
出会いカフェ代4000円、ホテル代5700円、食事代8000円、その他55000円

シュガダでドタキャンくらいました。

どうもこんばんは。前回「末吉の呪い」を振り払った(ハズの)たかぞうです。今年はここから波に乗りたいなぁと漠然と考えております。次の良いことはいつでしょうか?

今日はシュガダで美容部員さんと会う予定。登録したてで写真も掲載なし。あまり慣れてないコらしくとりあえず顔合わせでも・・・と思っていたのですが彼女から「ピンチなので大人系で」と言われそのつもりでおりました。

しかし前日に(どんなコが来るかちょっと怖いので)「ちょっとオシャレしてきてくれたら気分良く会えるかも?」と思って「テンションが上がる感じでお願いしますね☆」とメッセージしたら、それが重荷になったらしく、当日の17:00になって「テンションを上げてあげられそうにないのでごめんなさい」と当日キャンセル・・・。

会ったときに断らなくて済むように気をまわしたつもりだったんですが裏目に出ました。マジメなコですねぇ・・・。まだ「末吉の呪い」が生きてるのでしょうか??
というわけで今日は出会いカフェに行きます。

今日は火曜日。女子大生はどうかな?

店に入ったのは18:20頃。小走りで来ました(笑)仕事終わって一直線です。どうせ勝負するなら力一杯行きたいですからね。

先週の土曜日はなかなか女性が多かったのですが、火曜日はどうだろう?多少の不安を抱きながらとりあえず入店してみると女性は多めで10名くらい。
一方男性はかなり少なめで15名くらい。平日とはいえ、夕方のホットタイムに男性が15名は少なすぎる。抽選人数少なそうだし、今日はチャンスかも??

一方で女性が10名、とは言っても男性が少ないから連れ出されないために溜まってる可能性があるので、女性の入店が多い、とは一概に言えず。入店の様子を見る必要があります。ここからの入店が多いようなら今日は好みのコと遊べるチャンスが期待できるんですが・・・・。

まず入店時点の店内女性をチェックしましたが自分好みの女の子は不在。ちょっとかわいいコもいるのですがプロフィールが完全にお茶っ子。
お茶っ子となると相当好みでないと食指が動かないのでスルー決定。とりあえず22:00まで粘ることを決意します。

19:00までの間は女性がポロポロ来て結構いい感じ。「ひょっとしてこれは当たり日?」とか思いますが好みの女性はいないので全く抽選参加せず。
途中で女性の席が足らなくなるくらいの女性15名オーバーという事態になりましたが、それでもトークしたいコは居ません。

そうこうしているうちに女性の来店ペースが激減。あまりにも来店ペースが落ちたので少しづつ「お茶でもいいかな・・・」と弱気に。
最近19:00以降の来店が強いときと弱いときの差が激しいのも原因ですが、来ないときはホント来ませんからね~。

見たことないOLさんが丁度来店。どうするか悩む

心がぐらつき始めた矢先に1人のOLさんが来店。実は1830くらいに見かけたのだけどプロフィールが完全にお茶だったのでスルーしたコです。
1度外出を確認してますが戻り間隔が中1時間だから、前の外出は完全にお茶でしょう。

見た目はちょっと育ちの良さそうな感じ。顔立ちが可愛らしく、ちょっと芯の強そうな目をしていて、会社受付って言われてもおかしくない。
服装もオシャレOL感を出しててあまり出会いカフェには来そうにないタイプなので、お茶だけで回される予感しかしません(笑)

いつもならトークすら入れずにスルーする案件だけど、全体の場況が良くないので、どんなコか一度話すだけ話してみようかな??と迷います。そうこうしているうちに抽選が始まり、7~8人の男性が参加気配。仕方ないのでどうせ話せない前提でカードを引くとなんと「K」。こういうやる気のない抽選のとだけ1番かよ・・・・。

やる気のないトーク。でも笑いは取っておく

早速のトーク。とりあえずあまりやる気はなくてどんなコか確認だけして放流するつもり。相当いいコだったら外出しますけど「お茶で回される」のが何となくわかってるしね・・・。というわけで何の緊張もなく、超自然体で彼女をお出迎え。

彼女がトークルームに入ってくる。すると座る前に顔に手を当てて恥ずかしそうなしぐさ??
(あれ?知り合いかな?それとも前に外出したかな?)と勘違いしちゃいました。後から考えると意外と僕のことが好みだったんですかね?(勘違い)

彼女が座り、座り位置は普通。とりあえず丁寧に挨拶をします。プロフィールカードには趣味とか周辺情報は何も書いてなくて「お茶」とデカく書いてある(笑)
トークの切り口が全くないので、普通なら楽しくなさそうなプロフィールですが、差し障りのない話から始めても、当の彼女はかなり丁寧に対応してくれました。

(思ったよりいいコだな~)話していると意外と良く笑ってくれるので、少しづつ楽しくなってきました。お茶でも外出できるくらいの美人さんですから、きちんと会話できて気さくに笑ってくれると楽しいんですよねぇ・・・日頃そんなにチヤホヤされてないから、笑ってくれるだけで承認された気分になります。

楽しい感じなので、当初と違ってまぁ外出してもいいかな?と思えてきたので本題へ入ります。まぁ結果はわかってますがね。
俺:今日はどんな感じですか??
彼女:お茶とか食事で外出できる人を探してて・・・・

俺:(本気じゃないけどとりあえず聞いてみる)お茶とかで外出して連絡先交換して、先々大人な感じになったりとかあります?
彼女:したことは無いですけど・・・・あるかも?

まぁここまでは完全な社交辞令。問題は相手の反応の仕方ですが、冷たい感じではなく優しく明るく、という感じでしたので、まぁ別にいいかな、ということで食事に行くことにしました。あまり出会いカフェでは見かけないタイプの「いい奥さんになりそうな美人さん」なので、いろいろと話も聞いてみたかったというのもあります。

近くの寿司屋で食べながらお話。口説くつもりはないけど?

いつも通り店の外で合流。何が食べたいか聞くとお刺身が食べたいらしいので寿司屋へ行きます。歌舞伎町の寿司は無駄に高いけど仕方ないね。

店に入りカウンター席に座る。ドリンクオーダーで彼女がお酒飲むかな?と思って少しだけ期待したけど当然のウーロン茶(笑)この時点でほんの少しだけあった下心も消えました。女性の話を聞いてるといろいろと学ぶこともありますからね。そこから元を取ることにします。

仕事のこととか、転職のこと、大学のこと、資格のこと、出会いカフェのことなど、色んな話をしながら時間を過ごしました。とりあえず出会いカフェに1人で来たのは今日が初めてらしいです。ホントかウソかはわかりませんけどね☆

そうこうしていると彼女が「目標があって・・・」と急に雰囲気を変えて重たい感じの話。何やら達成したい目標があるらしく、そのためにやりたいことがあるらしいのです。
細かいことは割愛しますがそのやりたいことのために溜めたい金額があるのだ、とのこと。

話をよくよく聞いてみるとそんなに簡単に貯まる金額でもなく、時間もあまりない非現実的な計画。出会いカフェでご飯を食べてるだけじゃ間に合わない「イヤそれは無理でしょ」という計画。それなりに賢い女性だからこんな計画が無謀なことはわかってるはず・・・。でもこんなことを話してくる、ということは??

神様の声が(お金が必要だから大人のお付き合いも条件次第でオッケーよ)と言ってる気がしてきました(笑)

心の中でソワソワしながらも、最初の印象で「ホテルは無理だろうな」のもあり、2分くらい悩む。声に出して誘って良いものか・・・。緊張して氷しか入ってないウーロン茶を2回くらい飲もうとして、氷の音が「カラン」とむなしく響きます。とりあえず空気を変えるためにも明るく聞いてみるしかないか。

俺:「(お金がいるなら)大人のお付き合いはしないの??俺とはしない?」
ちょっとドキドキしながら聞いたのでまともに彼女の顔見てませんが何とか絞り出す。

すると・・・
彼女:「お兄さん楽しかったから次会ったときにならOKです」

(おぉマジか!)これは夢なの?ホントに言ってるの?だとしたらラッキー。この時点で即ムスコ半立ち。

でもね、僕はめんどくさがりなので、約束しても次はないかもしれないんですよね。「次はOK」という約束を覚えてるだけでも10人以上はスルーしてるんで、ここですぐに行かないとまたセックスしないことになるんですよね。時間は21:30。まだまだ行けるやん、ということで思い切って押します。

俺:「どうせなら今から行こうよ」
彼女:「終電があるし、明日も早いので・・・」
俺:「大丈夫、今すぐ行けば間に合うよ」

いつもの自分らしからぬ半ば強引な誘い。きちんと終電の時間を調べて帰れることを確認してからホテルへ行く承諾を得ました。
最後のキメ言葉は「悩んでも仕方ないから!時間がもったいないよ」こういうこともあるんですね~・・・・。

びっくりするほどのフェラ顔美人。奥さんにしたいです。

ホテルに向かって歩きはじめますが、道中ずっとムスコが半立ちで歩きにくい。ホントねぇ、このコとデキると思わなかったなぁ。。。
食事もしたのでコンビニには寄らず直行でホテルへ。時間があまりないので、ホテルに入ってすぐにお風呂を溜め、お風呂に入ります。

あまり時間はないのですが、色々と話をしながら二人で体をしっかり洗う。途中背中を洗ってくれようとしたり・・・優しいコです。
話してる最中もずっと笑顔だし、本音っぽいベースで色んな話をしてくれるのでなかなか楽しい。

お風呂から出て二人でベッドへ。いつもならAV見たりするのですが、今回はあまり時間もないのでとりあえず彼女と向かい合って、彼女の身体を撫でながらお話を続けます。
彼氏以外とセックスしたことがほとんど無いらしいので、ヘタなことをして彼女の気分を害さないように気を遣いながら徐々に体を寄せていく。

僕の指が彼女の乳首に触れる・・・すると彼女は大きく身をよじります。かなり大きく動くので不思議に思いましたが、どうやら乳首を直接触られるのはくすぐったいらしく、乳首をつまむのではなく、乳房を手で覆うように揉んだ方がいいみたい。

直接触れないので、乳首の周りを舌でなぞったりしていると彼女が自分の股間に僕の右手を持って行く。「育ちの良さそうなお嬢さん」にこんなことされると、なんかエロくて少しテンションが上がっちゃいます。

濡れてない状態のアソコを手でイジるのは痛くしそうで嫌いなので、ほんの少しだけ手で彼女の股間全体を刺激して少しほぐしてから、早速大好きなクンニの態勢に移行。
彼女の顔を下から見上げつつ、ワレ目のスジをそっと舐め上げる。吐息を吹きかけながら舌先で軽く触れるか触れないかくらいの感じで。

すると彼女のアソコが徐々に開いてきて少しづつ濡れてきます。クリを口に含んだり舌先でつついたりすると彼女の動きが激しくなる。乳房を手で揉みしだきつつ、舌先で色んな動きを試していると彼女がグーッっと腰を大きく持ち上げて、次の瞬間大きく下へ。

動きが激しすぎて、歯を当ててしまわないかドキドキでしたらこれが彼女のイキサインらしく、その後は短いスパンで10回くらいその動きを繰り返します。
ずっと舐め続けて彼女からストップがかかったところで、僕が彼女の横にゴロンと寝て一休み。

少し話しながらですが彼女がすかさず僕の乳首を舐める。チロチロと舐めてくれてこれも意外。でも乳首舐める時間が結構長かったので
(フェラしてくれないパターンか?)という想いが頭を巡ります。

すると彼女が突然「どうしたら気持ちいい?」とか可愛く聞いてくる。この質問には未だどう答えていいのかベストプラクティスを持ってないのですが、「まぁ普通に・・・」と答えると彼女は自然とフェラポジションへ。

(おぉ~、こんなコがしてくれるんだ~)と感激を覚えつつ様子を見ていると、舌先でチロチロと舐め上げたり、ガッポリ咥えたり、吸い上げたりする本格的な生フェラを喰らいます。「太さがあるね~」とか言いながらフェラしてくれるのですが、フェラ顔が美しすぎる。目が大きくてカワイイ感じでこちらを見ながら舐めるんですよ・・・・これは死ぬ時に思い出さねばならないほどの光景です。叶うなら奥さんにして毎日フェラして欲しいくらい。

想定外のガッツリフェラに心の中で歓喜しながらも、あまり時間がないので挿入へ。正常位で彼女の中にギンギンのチンコを突きたてます。
あまり奥まで突くと痛いらしいのでセーブしながらですが、彼女と繋がった時間を堪能。

しかもこれも想定外ですがディープキスもしてくれてホントに恋人気分。最後のフィニッシュはキスしながらのフィニッシュとなりました。
ホントに満たされたセックスでした。

出会いの感想

今回は口説く気もなく、諦め気味で外出したのに結果的には楽しい時間になりました。勝因は押すべきときに押せたことかな?

彼女、見た目もカワイイですが、かなり性格のいい女性らしいコなので、良い奥さんになると思いますが、
そういうコを口説けるタイミングにそこに居られたことを神様に感謝します。

皆様も良い出会い、出会い喫茶ライフをお過ごしください。
それではまた。

いつも見てくれてありがとうございます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です