ca系まきちゃんとの出会い体験

ca系まきちゃんとの出会い体験

みなさん、こんばんは。
今回ca系まきちゃんとセックスできましたので、いつも通り報告いたします。

今回の出会い対象:まきちゃんのデータ

日時:12月26日17:30分頃

お名前:まきちゃん(仮名)

年齢:20

職業:短大生

おっぱい:ちいさめ

外出内容:大人系

費用:ホテル代5700円、お店代5000円(割引1000円)、その他50000円

忘年会後のカフェ参戦

内容:

今日は会社の忘年会の後、時間が空いたので出会いカフェへ。場所はいつもの新宿。

年末だしそんなに期待しないでおこう、というくらいの気持ちで参戦したのですが、なかなかの女性数。

見たことのないカワイイコとか、久しぶりのコ、そんなに好みで無いコも含めて、結構な人数が居ました。

とりあえず男性数も多く、競争が激しいので、できるだけ積極的に抽選に参加し、4回負け(笑)

全くお話できないままに「まぁこんなもんかな」と思っていたところ、また一人。

入ってきたときに纏っていた雰囲気がとても上品な感じで、ファーコートに黒タイツ⇒俺好み。

パッと見はキャビンアテンダントとかに将来なりそうな雰囲気で、良い感じだ!

早速意気込んで抽選へ。

今日の俺は、3とか1とか香ばしいカードを引き続けているので、話せない可能性が高いが・・・

しかし、カードを見ると12!抽選2番目。

これはイケるかも!?

しかしここでもう一つ愕然とした事実が・・・。

ここで初めて女の子のプロフカードを見ると、

お食事、お酒、カラオケまで。

肝心のところにチェックがない。

まぁそんなもんだよね、ええ、覚悟はしてましたよ。

上品でかわいいコはそんなもんだよね・・・。

とりあえずせっかくの2番目だし、お話するだけお話して、外出しよか、と腹を決めました。

さて、抽選2番目で呼ばれ、いざお話へ。

トーク時間は5分。

最初は丁寧にあいさつし、プロフィールトーク。

冬休みは実家に帰るわけではない = 関東出身

ということしか聞かないうちから、「今日はどんな感じですか?」と質問が・・・。

自分の経験上、早めのこういった質問は、

①俺があまり好みではない

②大人系を避けたいので早めにご飯で決めたい

のどちらか。嫌な予感がよぎるが・・・

こちらもあっさり断られたくないので、逆に

「どんな感じなの?」と聞くと、

「合わせます」と答え。

え?合わせる?

ここで俺、軽くパニック。

大事なところにチェックがないのに合わせる?

どういうことだ?

ひょっとして・・・?

ということで「僕はまぁ・・・男なんで・・・大人系が希望なんですよね」と恐る恐る顔色を見ながら切り出すと、

なんとOK!

こういうことは滅多にしない、ということで俺ラッキー。

普通だと店の下で待ち合わせるのですが、

人目を気にしてか、他の場所を指定され、そこで落ち合いコンビニで食べ物を買ってホテルへ。

ホテルに入ると、とりあえず身の上話トーク。

どうやら3年以上彼氏がいたのでこういう出会いはずっとせずにいたらしい。でもこの半年以上は彼とも微妙で、ずっと大人系のことをしてなかったとのこと。

現役短大生で就職先は某高級ブランド。

そこまで言っていいのか?とは思うので、秘密にしますけど、見た目が美人CAなんで納得です。

しかし、これを聞いた瞬間、自分のテンションがマックス。息子さんも早々とご起立。隠すのが大変。

お風呂ですが、恥ずかしいらしく、別々に。

なんか色々慣れてないらしく、一つ一つが可愛いです。

こういうのって男は好きですよね。絶対。

お風呂を出てからベッドの上で、またトーク。

緊張をほぐすつもりが俺が緊張してます。

いや、マジで綺麗だし。

あまり話すぎて相手も焦れてきたのか、

手を握り合うと、握り返してきてくれて、

それがまたスベスベで心地よい。

思い切って胸元に飛び込み、バスタオルを取る。

「おっぱい小さいけど大丈夫?」

とか気にしてますが、全然大丈夫!

色んな形で乳首を吸うと、時折ピクピクして、かわいい。

ある程度舐めたので、下へ行くと、

「下は気持ち悪いから嫌」と思わぬ拒否。

マジか!?と思ったけど、

「気持ち悪かったら辞めるからちょっとだけ」

と許諾をもらい、スタート。

本当に拒否られたら止めるつもりだったけど、

少ししたら「あれ?気持ちいい」と彼女が言う。

あとは痛くないように気を付けながら、優しく舐め続け、

同時に両乳首をつまんだり、クリクリしたり、指でバイブしたりして様子を見ながら責める。

すると突然、彼女の腰が突然ビクッと上下に揺れて、

何度か上下に揺れる!イッたかな?

彼女が「ストップ~」と俺を止める。

1回しかダメなコは多いから、素直に言うことを聞く。

どうやら、生まれて初めてクンニでイッたらしく、

ちょっと照れ気味の彼女。

「うまいね」とお褒めの言葉をもらった。

クンニで初めて、ってことは他では何で?と聞くと、ローターらしい。

綺麗な顔してローターとは刺激的だな(笑)

責められるより責めるのが好き、と言っていたが、

良く聞くと、クンニされるのが嫌いだったから、

逆に責めて自分を守ってたらしい。

さて、攻守交代。

当然のように生フェラ。

しかもガッツリ丁寧にしゃぶってくれる。

こんな美人にこんなにガッツリフェラされるなんて、

男冥利につきる。

これが俺の人生で一番幸せな瞬間である。

息子さんがギンギンになったので、自分が上へ。

かなり濡れているのでスムーズに入る。

痛くないか確認していると「太いよね」と一言。

そうでもないと思っているけど、それはそれでうれしい。

しかし正常位で見下ろす脚のM字がすごくいい。

肌も綺麗でモチモチしてるし、俺の理想。

そんなコに息子が入っているのを見るのも、男として

嬉しい光景だ。

そんなことを考えながらスピードをあげ、

綺麗な顔と、耳の上品なピアスとか、そういうもので

テンションを上げながら、フィニッシュ。

ビックリするほどの大量放出。

また会えるかどうかわかりませんが、

2015年最後としてはサイコ―の出会いでした。