アパレル咲さんとの出会い体験談

アパレル咲さんとの出会い体験談

今回はアパレル咲さんとセックスが出来ましたのでご報告いたします。
27才は未知の領域でしたが色白で上品な感じの女性でかなり満足度が高い時間が過ごせました。

今回の出会い対象:咲さんデータ

日時:11月18日19:30頃

お名前:咲(仮名)

年齢:27なりたて

職業:アパレル

おっぱい:B~Cカップ?

外出内容:大人系

費用:ホテル代5700円、その他30000円

前日のミスを取り返すべく出会いカフェにGO

金曜日の夜。前日の木曜日にtwitterで女性と2度目の会う約束をしてたのですが、
1度目はすっぽかし、2度目は20時と言っていたのにいきなり21時に変更になったうえに来ない、という冷やかしに合い、貴重な遊ぶ時間を無駄遣い。
というわけで悔しい思いを解消すべく出会いカフェに行くことにしました。

池袋の1000円引きキャンペーンで4000円というのと新宿の入店料6000円を比べると池袋にも惹かれたのですが、5%くらい新宿に軍配。
結局新宿店に行くことにして、6000円で入店。今日はコースランクアップで6000円で外出自由なメガパックです。

店に入ったのは18時22分。男女比は16対11。イベントの金曜日の割に男性は少ないかも?まだ時間が早いからかな?
とりあえず出会いカフェにて知り合った女子大生にLINE打ってお話しつつ、戦い開始です!

綺麗なOLさんを待ち続ける

最近、上品なOLさん、綺麗めOLさん、おしゃれがキマッってるOLさん、多分俺のような人種を見下してくるようなキラキラ女子に憧れているので、そういうコが来ないかな?とただただひたすらに待ちます。店内のトークはかなり盛況で各地で抽選とトークが展開。やっぱり出会いカフェはこうでなくちゃね。

18:50分過ぎかな?1人のオシャレな感じの女性が店内へ。自販機の前に座ります。ロングスカートで足が見えないし、顔もマスクして良くわからないけど、マスクの上の目の感じは美人系ぽい。
とりあえずプロフィールカードを確認すると「27才アパレル」
上品な印象だけどマスクとロングスカートで見た目が良くわからないし、自分の外出最高年齢は「24才」
それ以上はセックスの対象にしたことはないので、後ろ髪を引かれながら抽選はスルー。

金曜日の19時、勝負はこれから!ということで待ち続けますが、これといった来店はなく、「やっぱりダメかな?」という思いがチラチラと脳内をよぎります。
一方で、さっきのアパレルさんのトークが進んでいきますが、なかなか決まらず目の前を彼女が数往復。座席に戻ったり、トークルームに行ったりする姿を見ていてピアスが上品だったり、足も太くなさそうなのが確認できたり、何より肌が綺麗で22~3才くらいと言っても問題ないハリが確認できたので、「話してみたい」と思うようになりました。まぁ話してみて合わなければ放流すればいいしね。

そんな中、さっきのアパレルさんが5人話し終わって戻り。再抽選がスタートしたのですかさず参加。
ライバルは4名。さぁどうなる?カードは「11」。トーク2番目、都合7人目でのトークアタックとなりました。

27才にトーク初挑戦!どうなるかな?

一人目のトークがスタート。今まで5人ダメだったこともあるんで、かなり厳しい見方をする女性だと思うから、多分回ってくる可能性のほうが高い。
お手拭きで顔を拭いてその時に備えます。準備は万全にしておきたい。
というわけで待つこと3分。自分の番が回ってきました。

部屋には男性が先に入って待つので、待っている間いつもの独り言。
「無理して決めることはない。条件が厳しかったらスルーしよう。」「相手の希望を聞くだけ聞いて冷静に判断する」
と自分に言い聞かせていきます。

僕は流れに飲まれやすいので自分に対する戒めと、自分を落ち着かせてトークでミスをしないためです。
ラグビーでいうルーチンみたいなものですね(笑)

少し時間が空いてボーッとしている彼女がトークルームに入ってきます。座る位置は真ん中。悪くない。
とりあえず丁寧にあいさつをして、27才ってどうなの?という感じでチラッと確認。マスクも下げてくれているので良く見えます。
結果、シワもあまりないし、髪も綺麗だし、体型は服のせいでよくわからなかったけど、「全然いける」
何しろ上品な感じがGoodです。どこかのジュエリーショップとかで上品に接客してそうな感じ。一度対戦してみたい気持ちが膨れ上がりました。

少しやる気が出てきたところで、小ネタを話します。かなり端折って流れを書くと・・・、
「こんにちはー、たかぞうです。」(俺)
「こんにちはー、こちらは良く来られるんですか?」(彼女)

「久しぶりに来ました。良く来るの?」(俺)
「私はあまり来なくて、困ったときとか、ホントにヒマなときとか・・・。今日はどんな感じなんですか?」(彼女)

「うーんなんでもいいんだけどね。女性次第というか・・・。まぁ男なのでホテルに行けるほうがうれしいんですけど。どういう感じとかあるのですか?」(俺)
「今日はお茶で1万円、という感じがいいかなーとは思ってるんですけど、キスフェラなしで良ければホテルもありかな、と思ってます。」(彼女)

「ホテルだといくらくらい?」(俺)
「私、1回しかホテル行ったことないんですけど、そのときは3万円で帰りにタクシー代で5千円いただきました。お腹も空いてるんですけど」(彼女)

「うーんどうしようかな」(俺)
「正直今困ってるので・・・・どちらでもよいので男性にお任せします」(彼女)

「最後はオトコに決めろってことね(笑)じゃあ途中でコンビニ寄って食べ物買ってホテル行こう」(俺)

というわけでホテル決定。
かなり早い段階から今日はどんな感じか、相手から聞いてきたのは少しビックリしましたが、この手の女性は結構サッパリ系が多いので話が早い傾向があります。
良くも悪くも決断が早いのでダメなときはホントダメですからね。ただ、会話途中の彼女の笑顔がかなり満面の笑みだったのでイケる確信が持てたトークでした。
「正直今困ってる」のくだりで彼女が暗にホテルに誘えと言っているのもわかりますしね。

上品な女性とのホテルも楽しい

店の下で待ち合わせてホテル方向へ。お腹が空いているみたいなのでコンビニで買い物をします。
僕はおにぎり2つ、彼女はからあげくんとホットサンド。買い物をして歩きながらお話を。
アパレルの仕事の話とか、立ち仕事なの?とか警戒されない程度のお話です。

いつものホテルにつくとホットサンドを温めつつ、お風呂を溜めます。お風呂が溜まるのを待っている間、かなりトークが弾みました。
割り切りが人生2回目、ということでかなり恥ずかしいらしいのですが、その姿もなかなか上品でかわいらしい。こういう27才もいいですね。
どんな感じなのか妄想が膨らみます。

22才くらいまではキャバクラをやっていたりして今はアパレル。給料はあまり高くないし、ノルマとかもあったりするらしいです。
彼氏は今は居なくて募集中だが結婚願望もあまり強くないのでそんなにガッツリは探してないみたい。
出会いカフェはあまり来ないけど来たときは相手をかなり選ぶらしいです。出たくない人のタイプを聞くと・・・
「外出したら豹変しそうな人」「自分の都合をかなり押し出してくる人」「不潔な人」女性の目も厳しいですね。

食べ終わってお風呂も溜まったのでお風呂に入ろうとしますが、「恥ずかしいので先に入ってもらっていいですか?」と一言。
「自分が入るときも見ないでもらいたいくらい恥ずかしいです」とも言ってきました。ホントは見たいけどこういうのも男としてはたまりませんね。
後でどちらにしても見せてもらうし触らせてもらうんだけどね・・・。

お風呂から出てバトル開始。美人はベッドの顔もマジで美人

自分がお風呂を出てから、彼女を待つ間、やっぱり緊張します。肌質とかどうなのかなー?とか、クンニでイカセてあげられるかなー?とか、早漏だったらどうしようかなーとか。
見た感じの上品さが肌を合わせてみてどうなるか?気になるところです。

横向きですが彼女のシャワー待ち。恥ずかしいと言って一緒に入ってくれませんでした。

横向きですが彼女のシャワー待ち。恥ずかしいと言って一緒に入ってくれませんでした。

彼女がお風呂から出てきてベッドへ入って来ます。テレビをつけていたのでその話題でかなり彼女がしゃべり続けて、いつもより長めのトークタイム。
大体女性が喋っている間は合わせるしかないので合わせていると、合間合間に「前はいつエッチした?」とか「私パイパンだけどいい?」とか、
突然エロネタを織り込んでくる彼女。かなりマイペースみたいです(笑)

少し長めに話していると彼女がトイレに行きたいと一言。クンニするときにおしっこの味がするのが嫌な人なので少し不安でしたが、
「洗ってきて」とも言いづらく、そのまま流れに身を任せることにします。

彼女がトイレから戻って来て、丁度テレビの区切りも良かったので彼女のリクエストで部屋をかなり暗めに。
「このくらい暗いほうがエッチに集中できるのでちゃんとできます」とは彼女の談。何がちゃんとなのかは不明(笑)

彼女の体に巻いているバスタオルを取り、乳首へ吸い付く。カップは推定Bカップくらいかな?大きくはないです。
北国生まれらしく、肌が透き通るように色白でこれも俺好み。ベッドで顔を横にしている目をつぶっている姿がとても美しいです。
乳首の弾力はやはり少し弱めなのかもしれないけど、セックスするには十分な魅力。

少し長めに乳首を舐めていたら、彼女が「濡れたみたい」と言いながら少し腰をずらします。女性って濡れたのがわかるんですかね?
というわけでクンニへ。僕が体を下に移していくと「舐めるの~?」とカワイイ一言。舐められたいのか舐められたくないのかはわかりませんが、
こちらはそのために声をかけているようなものなので容赦なくクンニします。

まずは内モモへ軽くキス。両方にします。肌の質感は悪くないです。全然いけます。
そこからワレメに沿って舌を這わせて、下から上へ。濡れたワレメからクリまで一直線です。
濡れてるし、イカセてあげられる、と妙な自信があったのですが、クリを舐めてもピクッとしたりしない彼女。

舐め方を変えたり、両乳首を責めたりしてみますが、濡れはするもののイク気配がないんです。「クリがくすぐったい」とか時折彼女が言いだすし、強くしても仕方ないけど、どうしたらいいのか?
ちょっと悩みましたが指入れを試してみることにして、指を挿入してみることに。
くすぐったいクリは少しだけ強めに舌で刺激して、左手で乳首、右手で膣内を刺激してみると、少しだけ彼女の体にグッと力が入った感あり。
これはイクサインか?と感じたのでそのポイントを維持して続けていると、グッグッと彼女の力の入り具合が強くなり、
自分が確信して60秒後には彼女が初イキ!「クンニでイッたことがなかったけど、初めてイッた~」というコメントをもらうことが出来ました。

あんまりクンニにいい印象がなかったみたいです。乳首舐めと手マンでしかイカないらしい・・・。
指2本と乳首舐めのセットでイクことが多い、という細かい情報をもらったので2回目にチャレンジしましたが、こちらは不発。
自分でこういう情報を開示しちゃう、ということはこのコはかなりエロいコなのでしょうか?

ある程度2回目アタックを続けつつ、色んな会話を楽しみましたが、落ち着いてきたので挿入することにします。
先に「綺麗なコとするとイクのが早いんだよ」と言い訳をしてからね・・・・。こんな美人早漏になるに決まってるだろ。

ゴムを付けて彼女の中にムスコを突き入れ。彼女のアソコは相当濡れているのでスルッと入ります。結合したところを上から眺めているとすごい興奮する。
彼女の顔は相変わらず澄ました綺麗な横顔ですごい美人顔なので、見ちゃうとすぐにイキそうになる。
ある程度ガマンはしましたが、色白パワーには勝てず。ゴム中でのフィニッシュとなりました。

セックス終了後

終わってから彼女。「めっちゃ濡れてる~。垂れてるのがわかる」とのこと。
かなりアソコが濡れて汁が太ももを伝っているみたいですね。それを聞くと僕もうれしいです。男として認められたといいますか・・・。

ラストのお風呂も「一緒に入ろうよ」と誘ってみましたが一緒に入ってはもらえず。最後まで恥ずかしがり屋。
最後は連絡先を交換して、「また遊んでね」とLINEをもらって別れました。

27才と自分にとっては未知の領域の年齢の女性だったので心配はしましたが、トークルームで感じた若さは間違っていませんでした。
暗かったけど美人の横顔を見ながら、思いっきりぶっ放せたのは最高の経験でした。また次の経験を探すために頑張ろうと思います。

皆様も良い出会い、出会い喫茶ライフをお過ごしください。
それではまた。

いつも見てくれてありがとうございます。