24才美容系華恋さんとの出会い体験談

24才美容系華恋さんとの出会い体験談

今回は24才美容系華恋さんとセックスが出来ましたのでご報告いたします。かなり綺麗めな女性だったのですが鼻に抜けた感じの声で、ボディもとてもセクシー。ビックリするほどお金を使いましたけど、男としては最高の経験となりました。

今回の出会い対象:華恋さんデータ

日時
1月21日14:30頃
お名前
華恋(仮名)
年齢
24
職業
美容系
おっぱい
Cカップ
外出内容
食事⇒プチ⇒大人系
費用
出会いカフェ代5000円、ホテル代6380円、その他121620円

何だか出会いカフェのブログが騒がしいので新宿へ

仕事が忙しくて出会いカフェに行けない間に水、木、金と店のブログが騒がしい。女性が多い、とか色々書いてて、
「ホンマかいな?」という想いもありつつ、流れが続くことを祈って新宿へイン!釣られやすいのです。


最近新宿のブログも誇張表現が多いのであまり期待はしてなかったんだけど、流れはあまり悪くない。ボチボチ女性が入って来て、それなりではある。
でも、最近の僕はかなり贅沢なのでホントに好みのコじゃないと燃えないんですよね・・・。いわゆる「地蔵」行動が出来ない大人です。


かなり綺麗なコじゃないと出る気なし!なんで夜までかかるかな?と思っていたのですが、店に入って1時間弱。目の前にオシャレ茶髪の綺麗系の女性が降臨。
なになに!?新規?動き的には店に慣れてなさそうな動き。これは素人さんだなぁ・・・。見た目も好みで新規となれば参戦しないわけにはいかない!

抽選に参加したがあえなく撃沈!しかし・・・・

とりあえず抽選に参加!しかし男性の考えることはみんな一緒なので大激戦に!推定15名の抽選で5名以内に入れず。
彼女のプロフィールに「トークで相談」となっていたのでこれは確実に持って行かれるでしょう・・・・はぁなんてこったい。まぁいつものことなんだけどさ。


なんてツイてないんだ!と思いながら、半ばあきらめて他のコを待つことに。
とりあえず彼女がトークに行くのを横目に見ながら待っていると、一人目、二人目、三人目・・・。決まらない決まらない・・・。


これはひょっとして2回目の抽選ある?あるかも??ということで他のコと話さずに待機決定。「抽選こい、抽選こい」と心の中で祈りつつ待ちます。
すると!来ました抽選2回目!待ってました!というわけで抽選参加。引け!俺の剛腕!力の限り抽選しますが3番目。都合8番目です。


途中色々考えました。なぜこのコは決まらないのだろう?高いのかな?基準が厳しいのかな?年上がいいのか、若い人がいいのか?
前の男性が何を話したのかわからないので考えても仕方ないのですが色んなケースを想定しちゃいます。


年上が良ければ、僕の前の前の男性がかなり年上。若い人が良ければ、僕の前の人が若い。どっちにしてもダメやん!と思いつつ、
5人決まらなかったんだから回ってくるだろ、ということでじっと待ちました。

トークが回って来て戦闘開始!どんな感じかな?

※※ここから開始

一人目は結構ダンディーなおじさま。普通ならここで決まる感じなので「やはり俺のくじ運がなかった」ということになりそう。
しかしここはクリア!逆にどんな内容なら外出できるのか不安もあるけど、まず話すことが大事。


二人目はちょっと若い。30代半ばくらいかな?しかしちょっと清潔感が足りない感じ。俺の中で80%セーフだけど油断は禁物。
ボーっと待っていたらここもクリア!ついに来ました俺の番。


トークルームに入ると珍しくちょっと緊張する。落ち着け落ち着けと自分に言い聞かせて女性をお迎え。
彼女の座る位置は普通かな。とりあえず第一印象は悪くはなさそうかな~。


いつも通り丁寧に挨拶する。すると彼女の声が劇的にカワイイ。甘え声っていうの?鼻に抜ける感じっていうの?
伝わるかわからないけどかなり女性らしさを感じる声。


軽くテンションが上がりつつ、いつも通り前半の2分くらいを使い、世間話&自己開示を展開。さりげなく怖くない人アピール。
残り3分を切ったところで本題確認へ。「今日はどんな感じですか?」


すると彼女の答えが「食事」とか「いちゃいちゃ」とかいう表現で色んなことを言うので、ホテルに行けるのか行けないのかよくわからない。
色々話してると残り1分を切ってる(笑)軽く焦りつつ、交渉を続けるためにとりあえずお茶で連れ出すことにして、彼女に提案。無事外出となりました。

結構つかみどころのない不思議な女性

とりあえずお茶で外出、ということでルノアールへ。向かい合わせで座って色々とお話。美人さんはやっぱりいいね。
とりあえずコーヒーを頼んでお話を続ける。自分的にはセックスできないならお茶だけで良かったんで、普通の話をしてたんですが、途中で彼女が「お金が厳しいからイチャイチャとかもいいかなって思ってる」という話をしてきた。


普通の話の途中でそんな話になったので、話の繋がりがちょっとおかしかったし、かなりアバウトな表現なので、「イチャイチャってどんなことするの?」と聞いてみると、どうやらエッチなことなんだけどフェラはしなくて・・・セックスしないみたいな感じ?よくわからん(笑)


どうやらお金的に厳しいらしくて、そっちのほうに持って行きたいみたい。でもセックスは絶対イヤだ!って言ってるから、
「行ってもしょうがないかなー」とも思うし、「こんな美人と仮にでもホテル行けるのはなかなかないぞー」という心の声も聞こえる。


結局、今回はプチっぽくても次回セックスできるかも?というあまり期待できない展開に賭けてみることにして、とりあえずホテルへGOすることにしました。
土曜日の昼間のホテルは結構込んでて、2件満室。やっと3件目に空を見つけてホテルへイン。結構みんなセックスしてるなー。


部屋に入ってまずはお風呂のお湯を溜めつつ、ゆっくりとお話。彼女は今は美容系の仕事をやってて、ちょっと買い物しすぎちゃって出会いカフェに来てお小遣い稼ぎをしてるみたい。新宿は初めてだけど池袋は3回くらい行ったことあるって言ってました。


お風呂のお湯が溜まったので部屋の電気を限界まで暗くして、二人でお風呂へイン。彼女のボディーを見ると・・・・「スタイル極上!」
オッパイは多分Cカップくらいだけどかなり形のいい美乳。腰のクビレもすごくセクシーで顔も美人とは、恐れ入りました。


化粧崩れとかがあるのでお風呂に入ってくれないコも多いですが、結構長めに二人で浸かりながらお話をすることができました。
こういうところも慣れてないコのいいところ、というか、素人さんとの遊びの楽しいところですね。

問題のアバウトなプチスタート。一体どうなるの?

ベッドに移ってまたお話しながら過ごします。少しづつ彼女の手を握ったりしながら接触を深めていきますが、どこまでやっていいのかわからない。
彼女の体を撫でながら考えてましたけど、とりあえずオッパイを吸うことにして彼女の綺麗な乳首に吸い付きます。


吸い付いてみると乳首の弾力がすごくいい。24才ってなかなか敬遠しがちな年齢ですけど、全然問題ない、というよりヘタな若いコより全然テンションが上がる。
左右の乳首を攻めてると段々プチってことを忘れてしまって、勢い余ってクンニへ移動。


とりあえず下のほうへ移動すると彼女が小さく一言「えっ舐めるの?」と言いましたが、「舐めるの好きなんだー」と明るく返して舐めさせてもらいます。
クリに吸い付いて後はいつもの感じで左右の乳首を責めます。下から見る美乳が最高。だんだんヤリたくなってきました。ガマンしろっていうほうがつらい・・・。


彼女も時折クンニに「ヤバいヤバい」と気持ち良くなっちゃってる感じの反応を示してるので、少し長めにクンニ攻撃。
しかし彼女の理性が勝ったのか途中でダメ出しの交代指令が出ちゃいました。残念だけど体を入れ替えて僕が横になります。


彼女が乳首を舐めてくれたり、ムスコをしごいたりして、責めてきます。思ったより上手だったのでこのまま抜かれてもいいかな?と思いましたが、
フェラがないのでなかなかイケない。そうしてる間に「君を抱きたい」アピール、交渉開始!


最初は+2でどう?とか言ってたのですがなかなかうんと言ってくれず、「ごめんね」と返され続けますが、ギュッと抱きしめて言ってみたり、
何度も言ってみたりしているうちに彼女がポロッとこう言いました。「10万なら検討するかも」


10万!10万か~!キツイな~!キツイ!でもね、でもさ、ここで引いたら悔しくない?こんだけ抱きたい抱きたい言ってて引いたらさ。
これだけの美人と1回経験するってなかなかないし、しかもこのビューティフルボディー。


客観的に見たら「タケノコ剥ぎ」っていう手法に乗っちゃってるんですけど、この女性は抱いておきたい。
10秒くらい考えて出した結論は「GO!」今月の小遣い無くなるんですけど、このコを抱けるならいいや。

あーめっちゃ可愛い!すげー綺麗!最高のひととき

「わかった!10出す!」と言い切ってとりあえず財布の中を確認。あるだけの金額をテーブルに置いて、足りない分は後で下すと約束。
すると彼女が「すごく緊張する」と言いはじめて「やっぱり止めていい?」と言い始める。


とりあえずゴムを取り出して準備をしながら、「大丈夫、大丈夫」となだめつつ、「さぁしよう!」と押し切ります。
彼女の前でギンギンのムスコにゴムをつけて見せていると、彼女も触って来て「太いよね」と一言。色々言ってたけど、結局横になって僕を受け入れてくれる。
初めてが怖い面もあるんでしょうけど、結構彼女自身も濡れてたし、流れがもうセックスだからね。


満を持して、彼女の中に正常位で挿入。上からの眺めが最高すぎる。歴代で一番美しいんじゃないか?っていうボディーフォルムに綺麗な顔。
突いてると「ヤバいヤバい」とカワイイ声が発せられてそれもまた凄くいい。こんなコとセックスできるなんて、なんて幸せなんだ。


スラッとした美ボディー、美乳に俺のチンコが刺さってる様は、下世話だけど男冥利につきる。しかし彼女、奥を突くと「奥がいい」とか言っちゃうし、「まだイッたらダメ」とか言うし、つかみどころがないコだけど彼女も感じてくれていて、かなりエロいのはわかりました。


ある程度突いてたけどガマンができなくなってきたので彼女に了解をとってフィニッシュ!ホントにビックリするほどの大量発射となりました。

出会いの感想

今回は人生市場最高値のお金を使ってしまいました。客観的に見れば「タケノコ剥ぎ」に自らハマったわけで、男性諸氏からすれば「バカじゃねーの?」くらいの感覚をお持ちかと思いますが、僕の中では美人と一回デキるのとデキないのとでは天地の差。


もっと男前だったり、話が上手かったら安く抑えられただろうに・・・・とも思いますが、とりあえずこの一回のセックスは死ぬまで忘れることはないでしょう。
やっぱり出会いカフェでの素人さんとの出会いセックスは最高ですね。
それではまた。

いつも見てくれてありがとうございます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です